« クロコトート | トップページ | メタリッククロコⅡ »

爬虫類革を扱うと避けて通れないのが継の技法。牛革などの大判の革とは違い、判が小さくかつ素材も高級だからなるべくコストセーブする為には使用枚数をなるべく抑えたいところ。そこで用いられのが継ぎ技法。いかに継ぎ目を目立たてさないで仕立てるが、これらの素材を扱う上で腕の見せ所。
もうちょい腑を合わせたかったが取り都合上仕方無し。今回はまずまずかな。


|

« クロコトート | トップページ | メタリッククロコⅡ »

Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545797/62520195

この記事へのトラックバック一覧です: :

« クロコトート | トップページ | メタリッククロコⅡ »