« あたり | トップページ | riri »

ファスナーブリーフ

手揉みゴードを用いてファスナーブリーフを制作。

その革の持つ本来の質感を保つのであれば、裏打ち無しがベストである。しかしながらそれなりの大きさのビジネス鞄になると小判で肉薄な山羊革に裏打ち無しは心許ない。
したがって裏打ちをする訳だが、ココが一番の思案処ろ。耐久性を持たせつつも、その革の持つ本来の質感を壊さない様に裏打ちする。
何をどう使うか?が、悩ましくあるもが醍醐味の一つかも。

革という素材の特徴を活かすも殺すも、厚のコントロールと芯の使い方が肝であると改めて思う今日この頃。

1384142404869.jpg

|

« あたり | トップページ | riri »

革製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファスナーブリーフ:

« あたり | トップページ | riri »