« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

color Ⅱ

4_054_8  出来上がったガルーシャの時計ベルトの画像をちょっと加工してみました。

こんな色も素敵ですねぇ~    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

color

4_052  ガルーシャの時計ベルトを制作しております。

今回はブラックのほかにブルー、オレンジ、ピンクもあり、ちょっと華やかです

どの色もガルーシャは綺麗ですねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Noblessa calf

4_049 ぺリンガー社のノブレッサで制作した二つ折り財布。

仕入れ先がプイのチェルケスを扱わなくなってしまったので、当工房も型押しカーフはこの革に切り替わっております。

チェルケスはちょっと固めな革であったが、ノブレッサはチェルケスと比べると少し型押しは浅い感じがするが柔軟で内縫い縫製にも適した素材です。

ナチュラルなタンニン革の方が革らしい革であるが、ボックスカーフやこの型しカーフの様なクロム系の革の方がどちらかといえば好みである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

in the make

4_048  二つ折り財布をまとめて制作中。パーツが多いので机の上がゴチャゴチャです。

当工房の小物はライニングまで革なので、下ごしらえが結構大変です。

粗裁ちしたパーツごとに1.2mm~0.1mmまでベタ漉きをして本裁ち。

その後当りを抑えるために要所に先端ゼロの斜め漉きや段漉きを施した後、0.1mmに漉き割った極薄のライニングを本材にベタ張りして行きます。

この辺までは漉きの作業が大半なので漉き機が大活躍。

これなくして繊細な小物作りは出来ません。(まあ、大変だけど手漉きって手もあるけどね。)

ここまでの作業が製品の風合いを決定付けるので、すごーく手間は掛かるが手を抜けない工程です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

title match

 11日行なわれるダブルタイトルマッチ。

WBAスーパーフェザー級のサルガドVS内山選手、WBAスーパーバンタム級のプーンサワットVS細野選手。

美しいボクシングスタイルで負けることはないだろうと思っていたリナレスを1RKOしたサルガドとバーナード・ダンと打ち合いを征し3RKOで王座を統一したプーンサワット。

この両雄に挑むのが、KOダイナマイト、バズーカーの異名をとる、共にハードーパンチャーを誇る2人。ハードな打ち合いが展開されることでしょう。

またWBCバンタム級を10度防衛の長谷川選手がスーパーバンタム勝者への挑戦も視野に入っている様子。

世界でも層の厚い中量級が面白い。ますます目を離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

start

4_047 仕事の合間を見ながら、ガルーシャのナローダレスの制作を始めました。

なにをするにも加工に苦労するガルーシャを型紙通りに正確にカット。

その後に不均一な革厚を漉き機にてベタ漉きする。

ガルーシャの漉きは普通は手を加えないとちょっと無理があるが、今迄の蓄積で気が付いたことがあったので可能になりました。まあでもガルーシャのベタ漉きは0.7mm位までが限界で、それ以上追い込むと粒がバラバラになってしまいます。

ともあれ第一関門はクリアーしたが、この先まだまだ課題は多し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEW YEAR

4_046  あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

元旦から仕事を初め、今年の初仕事はガルーシャの時計ベルト。

そういえば去年もガルーシャの時計ベルトが仕事初めだったような気がするなぁ。

ともあれ去年計画して結局制作出来ずじまいになってしまったオールガルーシャのダレスバックを今年は制作するぞぉーと思った年初めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »